タトゥー除去の方法をきちんと調べましょう


最近ファッション感覚でタトゥーをいれる人が多くいます。

しかし、タトゥーは刺青です。

そのイメージや衛生面などから、温泉・プール・サウナなどに入れない、スポーツジム入会を断られる、就職での不利、結婚を反対される、MRI検査が受けられない、生命保険に入れない、C型肝炎のリスクなど、生活においてリスクを背負う事になります。

そのため近年、結婚式でドレスを着たい、温泉に入ることができるようになりたい、などといった理由からタトゥー除去を考える人が増えてきています。


しかしタトゥー除去は簡単にできることではありません。


タトゥー除去の方法には、主に皮膚を切断する方法、レーザーによる治療法、アブレーションがあります。

池袋の医療脱毛で満足情報選びに特化したポータルサイトです。

タトゥー除去において負担が少ないのはレーザー治療法です。

wikipediaの情報をご案内しているサイトです。

レーザー治療法とは、レーザーをあてることで強い熱と衝撃を生じさせ、タトゥーを除去する方法です。
しかしこの治療法で消すことができるのは、黒色で掘られた刺青のみで、しかも、深い筋彫りだと消えません。

完全にタトゥーを消したいのなら皮膚を切断する方法となります。

この方法では、タトゥーの入っている部分の皮膚を切り取り、周りの皮膚と縫い合わせることでタトゥーを消し去ります。

ただ、縫い合わせた跡がのこってしまう、大きなタトゥーには対応できないという問題があります。



アブレーションは、タトゥーを含んだ皮膚の表面を削り取るという方法です。

これは皮膚を切断する方法では対応できない、大きなタトゥーにも対応可能で、また、レーザー治療ではとれない赤や黄色のタトゥーの除去も可能ですが、傷跡がやけど跡やあざのようにになってしまうのが難点です。

タトゥー除去を考えている方は、それぞれの治療法の特性を理解し、どの治療法を使うか慎重に考える必要があります。





Copyright (C) 2014 タトゥー除去の方法をきちんと調べましょう All Rights Reserved.