刺青除去の4つの方法


ファッション感覚で入れてしまった刺青や自分を誇示するために入れた刺青を、年齢を重ねる中で消したいと思う人も多く、刺青除去を希望するケースが増えています。

刺青除去には、基本的に4つの方法があります。

1つ目は、レーザーを用いるもので色の濃い単色の場合に有効です。レーザーを数度に亘って照射することで薄く目立たなくすることが出来ます。

池袋の医療脱毛で満足に関する疑問が解決できます。

2つ目は、切除縫縮という方法で刺青が大きくない場合に、刺青部の皮膚を削除し縫うことで一本のキズのようにするものです。
刺青が大きい場合に、分割式切除という方法を取ります。

Facebookの情報ならこちらにお任せ下さい。

最初に刺青の入った皮膚の一部を削除縫合し、半年ほど掛けて周囲の皮膚が伸びるのを待ち、再度残った刺青の皮膚を削除縫合することで、一本のキズのようにするものです。



3つ目が、剥削という方法になります。


これは、刺青が広範囲に亘っている時やレーザーに反応しにくい黄色や赤色の刺青がある場合、皮膚表面を削る方法ですが、とりきれない場合は、更にレーザーを使用し消去していくものです。

4つ目が、皮膚移植になります。

太ももや背中等から皮膚を切り取り刺青部に移植しますが、剥削を行ってから施術したほうが刺青は目立たなくなります。しかし、いずれの方法もうっすらと跡が残ったり、縫合跡が残ったりする場合があり、何もしない皮膚のようになる保障はありません。

様々ないきさつや事情で入れてしまい、後で後悔する人が多いのも事実です。
刺青除去という方法があっても、完全にもとに戻せるとは限りませんので、早まった判断は避けるに越したことはありません。





Copyright (C) 2014 刺青除去の4つの方法 All Rights Reserved.